音マグさんの依頼で本テーマの記事を書くことになりました。謎です。なぜ私に依頼しようという気になったのでしょうか?

ということで、実は本編は音マグさんのサイト記事を「DTM初心者に知ってもらいたいモニター環境の大切さ」を訪問頂いて是非ご一読いただければ幸いです。自分のサイトは緩いですが、人様のサイトなので結構、気合い入れて書いたつもりです。笑

で、こちらでは、わたしのモニター環境を紹介しながら少し解説をば。

上の写真は、私の机まわりです。お恥ずかしい。

スピーカー関係

PCはモニターが27インチと結構大きなものをつかっているのでモニター横に置くと丁度、頭とスピーカーの位置関係が正三角形になっていい具合です。

ちなみに、DTMするときはモニターは可能な限りデカい方がいいですね。デュアルモニタより、1画面で大きい方が自分は好みです。

スピーカーはMackieのCR4、リーズナブルでいい音鳴らしてくれます。デザインもなかなかグッド!

スタンドは、キクタニのモニタースピーカースタンド、こちらは高価。なぜに?

インシュレーターはaudio-technicaのAT6099。定番のやつですね。

ヘッドフォン

ヘッドフォンは5年間、浮気することなくaudio-technicaのATH-M50xをつかっています。海外での評価が非常に高く、また、販売開始から5年経ってもディスコンになっていないことからも、この製品の優秀さを物語っているといえるでしょう。

価格も2万円を切り、非常にコストパフォーマンスが高いです。

武骨なデザインがカッコいいです。

イヤフォン

モニターイヤフォンといえばこれでしょう。

SHURE SE215SPE-A トランスルーセントブルー。

ミュージシャン御用達のモニターイヤフォン。

リスニング用イヤフォン

色々変遷はありまりましたが、いまのところおちついているのはaudio-technicaのath-ckr70です。ハイレゾ対応ですが、ハイレゾ音源は聞いていません。音質はフラットに近く、好みはイコライザーで調整したらよいという感じ。

モニターとしても使おうと思えばつかえると思います。

最後に

もう一度、宣伝。音マグさんに「DTM初心者に知ってもらいたいモニター環境の大切さ」という記事を寄稿致しました。

一風かわった切り口で、DTM初心者がそろえるべき機材について記載しています。是非ご一読いただければさいわいです。