3ピースバンドの曲を制作するというのは割と的を得た目標です。

音楽の3要素

音楽の基本は3つの要素でできているといわれています。

  • リズム
  • メロディー
  • ハーモニー

リズムは拍子のことで、3ピースバンドではドラム・ベースが担当します。ドラムはわかりやすいんですが、ベースもリズム隊に属します。

メロディーは主旋律といって主にボーカルですね。間奏でのギターソロ部分はメロディーと言っていいでしょう。

ハーモニーは和音です。ギターをコードで弾くのがそれに当たります。

3ピースバンドで音楽の3要素をカバーできるんですね!

 

因みに、DTMの世界で3ピースバンドものを作っているというと小馬鹿にされます。

でも、音源数が少ないからこそ誤魔化しが利かないんですよね~

それは、実際のバンドでも言えることです。

やたらめたら、シンセ鳴らせりゃ良いってもんじゃないんですよ(強がり)

何から作るか?

では、この3要素のうちどのパートから作っていけばよいでしょうか?

楽器ができるひとは、各々得意な楽器から作っていけばよいのでしょうが、楽器が弾けないひとはどうすればよいか?

これは色んな意見があって、正解というものはありません。

楽器の弾けないひとは、まず、音楽を聴いたときに聴きとれるパートからつくるといいです。大体のひとはメロディーが分かりやすいと思います。前回、4小節のフレーズから作曲しましょうと書きました。4小節の鼻歌であれば割と簡単に思いつきます。

しかし、理想はリズム・メロディー、ハーモニーすべてを同時に考えることです。

難しいことと思われるかもしれませんが、具体的にどのコードを当てはめるとかは分からなくていいので、大体、こんな感じ・・・程度に構想しておくといいでしょう。

自分のイメージがあれば、それがどんな音かは後からゆっくり確かめれば良いです。

編曲について

曲の構想を練る段階で、編曲についても少し考えておく必要があります。

平たく言うと、「どの楽器を使うか」です。

私の場合、3ピースバンドということで、分かりやすいです。

ここで注意しないといけないのは、ハーモニーです。楽器によって、

  • 出せる音域が違う
  • 和音の出し方が違う

ことです。

楽器としては88鍵あるピアノが一番音域が広く、ギターはその半分程度しかありません。極端に高い音はさほど需要はありませんが、ギターで低い和音を作る際は注意が必要です。

また、ピアノとギターで混乱するのが和音の出し方です。

いちばん一般的な和音といえば「ドミソ」(c)ですね。これはピアノであってもギターであっても、ほぼ同じなのですが(ギターでは「ドミソドミ」)、「ドファラ」はギターでは「ド」と「ファ」と「ラ」で構成される、「ファラド」(f)となります。

ピアノをしている人からすると、「ドファラ」と「ファラド」は違う音なので、相当違和感があるのですが、ギターからすると構成する音が一緒で、音の高さが違うだけ一緒でしょ!ということになります。

この違いを理解して、楽器にあった和音の出し方をしないと不自然になってしまいます。

そういうことで、自分がどの和音の出し方に馴染んでいるかで楽器を選択するのが良いかと思います。

楽器が弾けないひとは、考え方が比較的単純なギターのコードでハーモニーを考えたら理解が早いかと思います。(ギターでも複雑なコードはありますが)

まとめ

音楽の3要素を意識して楽器を選び、曲の構成しましょう。

楽器を選ぶ際は、音の出し方に違いがあるので注意が必要です。

作曲する際はどのパートから作りだしてもOKですが、できればすべてのパートを同時に考えることが理想です。